• HOME
  • EXHIBITION
  • GROUP「島をつくる | Planning Another Island」

開催中

GROUP「島をつくる | Planning Another Island」

2024.05.23(木)-2024.07.06(土)

X Facebook Line

GROUP「島をつくる | Planning Another Island」開催概要

銀座に位置するMASQの窓からの景色には、東京湾に浮かぶ埋立地が広がっています。本展は、その大きな島を生成する建築を介して、もうひとつの島の可能性を探究します。ある住宅の改修工事の過程で発生した廃材が会場内に運び込まれ、それらを土へと還すコンポストが展示される予定です。そしてその後、ひとつの住宅から生まれた土を展示会場からもとの場所へと戻すことで島のかたちを変える試みを実践します。産業廃棄物となった住宅の廃材を循環させる仕組みを展示会場内に再現したインスタレーションは、観る者にいくつもの問いを投げかけます。

これまでにもGROUPは、スクラップ・アンド・ビルドを繰り返してきた都市開発、建築のあり方を再考し、その実践過程そのものをアート作品へと昇華するプロジェクトを数多く手掛けてきました。近年、GROUPが力を注ぐ建築の終着地についてのリサーチ、新たな選択肢を模索するプロセスを体現した本展は、私たちの日々の暮らしから生み出されている島のあり方に考えを巡らせる機会となることでしょう。

また、展覧会期間中はGROUPのメンバーによるコンポスト作業が行われます。希望する来場者には作業にご自由にご参加いただけます。この作業兼パフォーマンスの実施日や、開催予定のトークイベントについては、今後WEBサイトやSNSでの告知を予定しています。

実施概要

タイトル

GROUP「島をつくる | Planning Another Island」

会期

2024年5月23日(木)〜7月6日(土)
プレスプレビュー:2024年5月23日(木) 14:00〜17:00
(15:00よりGROUPが展示解説を実施します。)
オープニングレセプション:2024年5月23日(木) 18:00〜20:00
※オープニングレセプションはどなたでもご入場頂けます。ぜひご来場ください。

会場

MYNAVI ART SQUARE
(〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー22F)

開館時間

11:00〜18:00
※展覧会初日の5月23日(木)は12:00から

休館日

日・月・祝

入場料

無料

GROUP

建築プロジェクトを通して、異なる専門性を持つ人々が仮設的かつ継続的に共同できる場の構築を目指し、建築設計・リサーチ・施工をする建築コレクティブ。
主な活動として、設計・施工「夢洲の庭」(大阪府、2025)、設計・運営「海老名芸術高速」(神奈川県、2021)、設計・施工「新宿ホワイトハウスの庭」(東京都、2021)、企画・編集「ノーツ 第一号 庭」(NOTESEDITION、 2021)、設計「EASTEAST_TOKYO」(アートフェア会場構成、2023)、グループ展「InvolvementRain/Water passage」(金沢21世紀美術館DXP展、2023)、個展「手入れ/Repair 」(WHITEHOUSE、2021)など。
HP: https://www.groupatelier.jp/

STATEMENT

「島をつくる | Planning Another Island」

展示室の窓から東京の埋立地が見える。
今この瞬間にも、埋立地では産廃物の処理が行われている。

私たちは日々、その島をつくりながら生活をしている。
毎日決められた時間、ルートで集められる産廃物は、いくつかの建築を介して分別、粉砕、焼却、運搬され、最終的に埋立処分場に運ばれ、私たちが今見ている島の一部となる。

この展示では、島をつくる建築を展示室に移設する。

本展に合わせて、とある小さな住宅の改修を行い、
その過程で生まれる廃材を、展示室でコンポストして土をつくる。
そうしてできた土はもとの場所に戻り、この東京という島の形を変えていく。

私たちは島をつくる建築を展示室に再現し、
窓の外に見える島とは異なる、新しい島をつくることを試みる。

GROUP